福岡の税理士事務所|税理士からのメッセージ
  • 福岡の山崎税理士事務所の税務経理の年間スケジュール
  • 福岡の山崎税理士事務所のよくある疑問・質問
  • 福岡の山崎税理士事務所の顧問先からの声
  • 福岡の山崎税理士事務所の求人採用情報
  • 山崎義孝税理士からのメッセージ
  • 山崎義孝税理士スタッフ活動報告

2017年05月02日

所得拡大促進税制の見直し

桜は散ってしまいましたが、春らしい爽やかな気候になってきました。
新年度が始まって一ヶ月が経ち、新社会人の方々も少しずつ仕事に慣れてきたことと思います。
社会人2年目以上の方々にとっては昇給のタイミングでもあり、ゴールデンウイークと併せ楽しみの多い時期です。

昇給(賃上げ)を促進するための税制(所得拡大促進税制)がすでに施行されていますが、税制改正により見直しがされ、更なる減税措置が設けられました。
今回は中小企業者等に的を絞り、ご説明をさせていただきます。

今回の見直しにより、税額控除の額が増額されました。税額控除適用要件は以下のとおり、現行との変更点はありません。
1) 給与支給額が平成24年度(基準年度)より3%以上増加
2) 給与支給額が前事業年度以上増加
3) 平均給与が前事業年度を超えて増加
税額控除は、平均給与が前事業年度より2%以上増加の場合、現行の基準年度からの増加額×10%控除に加え、前事業年度からの増加額×12%が上乗せされます。
平均給与が前事業年度より2%未満増加の場合は、現行と変わらず10%の控除となります。

給与所得者の平均給与はここ数年、微増傾向にあるため、本特例を適用できる企業も増加することと予測されます。税額が発生する際は、本特例の適用の有無のご確認をお忘れなく。

posted by 山崎義孝税理士 at 16:00| 改正税法

2017年04月03日

到着時免税店の導入

本日より新年度が始まりました。
入学式、入社式など新たな門出を迎えられる方も多いことと思います。

今年度も本日から施行される税制が諸種ありますが、今回は「免税店」に関する改正内容の説明をさせていただきます。

今回の改正により、到着時免税店が導入可能となりました。
これは日本各地の国際空港等の到着(入国)エリアに免税店の設置を可能とし、到着時免税店で購入した物品を現行の携帯品免税制度(海外旅行者等が入国の際に携帯して輸入する個人使用目的の物品について、関税及び内国消費税を一定の範囲内で免除する制度。例:酒類3本など)の対象に追加するというものです。
これにより、訪日客は入国前に手軽に免税品を購入することができるようになります。
日本人海外旅行者も帰国後に免税品を購入できるようになるため、旅行中の荷物の負担を減らせるなどのメリットがあります。

諸外国の国際空港等の到着(入国)エリア内には、既に免税店が設置されており、日本においても同様の設置導入の要望が高まっていたようです。
本改正は、税負担の優遇措置ではありませんが、旅客者の利便性の向上と免税品の購入を外国から国内に取り込むことによる日本経済の活性化が期待されます。

海外旅行に行かれる方々の楽しみの一つとして、外国の免税店でのショッピングがあると思いますが、今後日本国内において到着時免税店が導入された際には、ぜひ一度ご利用いただきたいと思います。

posted by 山崎義孝税理士 at 12:05| 改正税法

2017年02月04日

確定申告の時期になりました

今月2月16日(木)より所得税の確定申告の提出受付が始まります。
(還付申告はすでに1月4日より受付を開始しています)
受付期間と納期限は共に3月15日(水)までで、納付に関しては、
振替納税利用の場合は4月20日(木)が振替日となっています。

事業所得、不動産所得の確定申告が多いなか、近年の不動産価格の高騰により、昨年中に不動産を売却され、譲渡所得の確定申告を行う必要のある方が増えているものと思います。
そのなかで、平成21年及び平成22年に取得した土地等を、昨年の平成28年以降譲渡した場合に、その土地等に係る譲渡所得の金額から1,000万円を控除できる特例があります。
譲渡益が発生する方にはお得な特例ですが、申告の際に特例を受けるための要件及び手続きが必要となります。

まず、要件ですが、
1)平成21、22年中に取得した土地等であること。
2)平成28年以降に(1)の土地等を譲渡すること。
3)親子や夫婦など特別な間柄にある者(生計を一にする親族、内縁関係にある人、特殊な関係のある法人なども含みます)から取得した土地等ではないこと。
4)相続、贈与等により取得した土地等ではないこと。
5)譲渡した土地等について、収用等の特別控除や事業用資産の買換え特例など他の譲渡所得の特例を受けないこと。
が要件となっています。

加えて、譲渡した土地等が平成21年又は平成22年に取得されたものであることを明らかにする書類(登記事項証明書、売買契約書等)等の添付並びにこの特例を受ける旨を記載した確定申告書を提出する手続きが必要となります。

該当する方は、お忘れなく特例の適用手続きをお願いいたします。

posted by 山崎義孝税理士 at 18:00| 確定申告
  • 山崎義孝税理士事務所が考える税理士とは
  • 税理士との顧問契約によるメリット
  • 賢い決算・税金対策とは

お気軽にご相談ください

詳しい料金表

お問い合せ・ご質問

ページのトップへ

福岡の税理士事務所

山崎義孝税理士事務所
〒816-0802 福岡県春日市春日原北町1丁目3-14
tel.092-584-6018 fax.092-584-7674

山崎義孝税理士事務所カバーエリア

福岡市・北九州市・春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市・那珂川町・宗像市・古賀市・糟屋郡・福津市・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・山口県・鹿児島県・大阪府 他