法人企業・個人事業主の税務・会計・申告・節税対策

税理士からのメッセージ

2017年12月04日

医療費控除

今年も残すところ一ヶ月となりました。
年末の慌ただしさに追われる一方で街中を彩るイルミネーションに胸が躍る方々も多いのではないでしょうか。

年が明けますと、いよいよ確定申告の時期です。
還付申告の方は1月から申告書の提出が可能なため、医療費控除等の適用対象の方は早めの申告、還付を受けることができます。

今回は平成29年分の確定申告から改正となっている医療費控除等の内容について説明させていただきます。

まず、平成29年分の確定申告から、従来の医療費控除に加え、以前ご説明しましたセルフメディケーション税制(スイッチOTC医薬品控除)の適用が始まります。
医療費控除との併用適用はできず、どちらか一方の適用となるため、双方の適用要件を満たす場合は、控除額の多い有利な方の選択となります。
医療機関に通わず、薬局等での医薬品購入で対処する機会の多い方は、今回新設されたセルフメディケーション税制適用の可能性が高いと思われます。
購入されたレシートに適用対象品はマークが記されているため、容易に確認ができるようになっています。
セルフメディケーション税制の適用対象となるスイッチOTC医薬品の成分及び品目は、二ヶ月に一度、追加・修正が行われます。
購入時には適用対象外だった医薬品が、購入後に適用対象となった場合も税制適用が可能なため、念のため薬局等で購入された際のレシートは破棄せず保管されることをお勧めします。

また、平成29年分の確定申告からは、医療費控除等の適用を受ける際の添付書類が変更となっています。

従前の領収書の添付に代えて、自身で作成する医療費等の明細書又は医療保険者等が発行する医療費通知書(健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」など)の添付が必要となります。
それに係る医療費の領収書は5年間の保存義務がありますが、後者の医療費通知書等を添付する場合は、領収書の保管は不要となります。

経過措置として、平成29年分から31年分までの確定申告については、従前通りの医療費領収書の添付又は提示によることも可能となっています。

2月からは、贈与税・所得税の確定申告の受付が始まり混雑が予測されます。
還付申告の方は1月から申告可能なため、できる限り早めの申告手続きをお勧めします。

年末は、仕事納めをはじめ忘年会、新年の準備等で体調の変化が起こりやすい時期です。
体調に十分お気を付けのうえ、新年をお迎えください。

今年も一年ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

posted by 山崎義孝税理士 at 18:30| 確定申告

2017年02月04日

確定申告の時期になりました

今月2月16日(木)より所得税の確定申告の提出受付が始まります。
(還付申告はすでに1月4日より受付を開始しています)
受付期間と納期限は共に3月15日(水)までで、納付に関しては、
振替納税利用の場合は4月20日(木)が振替日となっています。

事業所得、不動産所得の確定申告が多いなか、近年の不動産価格の高騰により、昨年中に不動産を売却され、譲渡所得の確定申告を行う必要のある方が増えているものと思います。
そのなかで、平成21年及び平成22年に取得した土地等を、昨年の平成28年以降譲渡した場合に、その土地等に係る譲渡所得の金額から1,000万円を控除できる特例があります。
譲渡益が発生する方にはお得な特例ですが、申告の際に特例を受けるための要件及び手続きが必要となります。

まず、要件ですが、
1)平成21、22年中に取得した土地等であること。
2)平成28年以降に(1)の土地等を譲渡すること。
3)親子や夫婦など特別な間柄にある者(生計を一にする親族、内縁関係にある人、特殊な関係のある法人なども含みます)から取得した土地等ではないこと。
4)相続、贈与等により取得した土地等ではないこと。
5)譲渡した土地等について、収用等の特別控除や事業用資産の買換え特例など他の譲渡所得の特例を受けないこと。
が要件となっています。

加えて、譲渡した土地等が平成21年又は平成22年に取得されたものであることを明らかにする書類(登記事項証明書、売買契約書等)等の添付並びにこの特例を受ける旨を記載した確定申告書を提出する手続きが必要となります。

該当する方は、お忘れなく特例の適用手続きをお願いいたします。

posted by 山崎義孝税理士 at 18:00| 確定申告

2015年01月06日

還付申告に限りますが確定申告の受付が開始

皆様、あけましておめでとうございます。
正月はゆっくり体と心を休ませることが出来たでしょうか。
私個人的には、曜日の関係で例年よりも正月休みが短くなり「正月ボケ」する暇もなかったような気がします。(笑)

当事務所は1月5日が仕事初めです。
各税務署も還付申告に限りますが確定申告の受付をすでに開始しているようです。

・保険料控除や扶養控除などにモレがあり適正に年末調整が出来ていない方 
・医療費控除を受ける方   
・その他還付を受けるための申告                 

など、該当する方は確定申告をすることで税金の還付を受けることができます。
当事務所へ確定申告をご依頼いただいた場合、申告書の作成から提出まで全ての作業をこちらで行わせて頂きます。
(該当する方は)必要書類を事務所へお渡しいただくだけで税金の還付を受けられますので、ご不明な場合は当事務所へご相談ください。

さて、税理士事務所にとって年が明けるということは、
1月から3月まで続く確定申告ロードが始まったという事です。↓↓↓
12月から1月にかけてのプチ山場「年末調整・法定調書作成」、そして1月から3月15日まで続く最大の山場「確定申告」と息つく間もないくらい忙しくなりますが、最後まで気力と体力を振り絞り事務所一丸となって乗り切りたいと思います。

そう!!!あの(箱根駅伝・第5区)で活躍した神○大地さんの様に!!!

それでは皆様、山崎税理士事務所と事務所職員共々
今年1年宜しくお願い申し上げます。 

posted by 山崎義孝税理士 at 13:01| 確定申告
各種お問い合わせcontact
お電話はこちら
092-584-6018
電話受付(平日)9時〜18時
Fax.092-584-7674
メールフォームはこちら
メールでのお問い合わせ
お申し込みは24時間受け付けております。

ページの
トップへ