法人企業・個人事業主の税務・会計・申告・節税対策

税理士からのメッセージ

2021年05月06日

電子納税証明書のPDFファイルでの取得サービスの開始

ゴールデンウィークが終わり、暦上では立夏を迎えました。
今年もコロナ禍でのゴールデンウィークで、福岡では博多どんたく港まつりが昨年に続き中止となり、静かな大型連休となりました。
気温の上昇で外出するには絶好の時期を迎えていますが、まだまだ「我慢」の日々が続きそうです。

さて、今年の7月から、e-Taxを使った納税証明書のオンライン申請で、PDFファイルの電子納税証明書が発行できるようになる予定です。

現在においても、e-Taxを使用してオンライン申請による納税証明書の発行は可能です。
オンラインでの申請後、「書面の納税証明書」を税務署の窓口もしくは郵送にて受け取る方法と「電子データによる納税証明書」をダウンロードする方法があります。

「書面の納税証明書」は、受け取りに行く手間や枚数分の手数料が必要で、郵送による場合は別途郵送料が発生します。

「電子データによる納税証明書」は、電子データが原本となり、このデータを紙に出力(印刷)したものは原本とみなされず、納税証明書として使用できないこととされています。

以上のとおり、現行の納税証明書のオンライン申請は、利便性が高いものとは言えず、利用率が10%程度にとどまっているのも納得できます。

今回の納税証明書のPDFファイルでの取得は、窓口に行くことも郵送料も不要で、何枚でも印刷して何度でも使うことが可能となっています。
ダウンロードした電子納税証明書(PDFファイル)は、自宅のプリンターやコンビニエンスストアでの印刷サービスを利用し、印刷することができます。

PDFファイルでの電子納税証明書の取得については、上述のとおり利便性が向上しており、コロナ禍の現状も加味すると、利用しやすいサービスとして期待できるように思います。

なお、e-Taxを利用する際には、マイナンバーカードなどの電子証明書が必要となるため、事前の準備が必要です。

posted by 山崎義孝税理士 at 18:15| お知らせ
各種お問い合わせcontact
お電話はこちら
092-584-6018
電話受付(平日)9時〜18時
Fax.092-584-7674
メールフォームはこちら
メールでのお問い合わせ
お申し込みは24時間受け付けております。

ページの
トップへ