法人企業・個人事業主の税務・会計・申告・節税対策

税理士からのメッセージ

2019年11月12日

年末調整

朝夕の冷え込みが徐々に厳しくなってきました。
早いもので令和元年も残すところ一カ月余りとなりました。
年末が近づき、いよいよ私共は繁忙期へ突入します。

まずは年末調整。
今月に入り、税務署から年末調整関係書類が届いてきています。
保険会社からも各保険料控除証明書が送られてきており、気分は年末調整モード一色です。

昨年の年末調整から、配偶者(特別)控除の仕組みが変わっています。
配偶者控除等を受ける給与所得者本人に所得制限が設けられ、給与収入のみの場合、1,120万円超の方は控除額の制限を受けることとなります。
また、給与収入が1,220万円を超えると配偶者(特別)控除が適用除外となってしまいます。
つまり、この所得制限にひっかかる方々は増税ということになります。

一方で、配偶者特別控除の適用範囲は広がっており、配偶者の給与収入が2,015,999円以下までの場合には、収入金額に応じた配偶者特別控除が適用できることになっています。
これにより、配偶者特別控除の適用人員は1割程度増加したと言われています。

上述のとおり、新しい制度では配偶者(特別)控除の所得制限及び適用範囲が新たに多く設けられていることから、従来の制度と比較して適用の誤りが多く発生している模様です。
特に、配偶者特別控除の適用の誤りが多いようです。

配偶者の所得を正確に把握できていないことが要因ではありますが、年末調整で誤りがあると、年末調整のやり直しもしくは確定申告での対応となり、実務上、手間のかかる作業が発生することに繋がってしまいます。

スッキリとした気持ちで年越し、新年を迎えるためにも、年末調整に関しては上記のことに留意していただければと思います。

posted by 山崎義孝税理士 at 11:30| 年末調整
各種お問い合わせcontact
お電話はこちら
092-584-6018
電話受付(平日)9時〜18時
Fax.092-584-7674
メールフォームはこちら
メールでのお問い合わせ
お申し込みは24時間受け付けております。

ページの
トップへ