法人企業・個人事業主の税務・会計・申告・節税対策

税理士からのメッセージ

2019年09月03日

消費増税へのカウントダウン

気が付けばもう9月。
まだまだ残暑は続くと思われますが、今年も残り4か月余りとなりました。
徐々に秋の訪れを感じる時期です。

今年は5月の平成から令和への改元に始まり、大規模なカウントダウンが続いています。
来月には消費増税が控えています。
令和へのカウントダウンは歓迎ムードでしたが、今回の消費増税に関してはお祭りムードとはいかないものです。
残念ながら増税の延期もなさそうです。

さて、増税前の駆け込み購入をご検討されている方々も少なくないと思いますが、コンビニやインターネット取引などをはじめ、深夜帯でも営業や取引等を行っていることが多い昨今、10月1日零時をまたぐ取引が生ずることが予測されます。
そのため、零時になった瞬間に新税率の適用となるのか気になるところです。
この点に関し、改正後の消費税法の規定では、本年10月1日(施行日)以後に国内において事業者が行う資産の譲渡等及び課税仕入れに新税率の10%が適用されることとなっており、原則として零時以後の譲渡等は10%の税率が課せられることになります。
しかしながら、適用税率を巡る顧客とのトラブルやレジシステムの切換え等、諸事情を鑑み、継続処理が前提にはなりますが例外的な取り扱いが認められています。
すなわち、日頃から明朝3時までを前日営業分の売上として計上管理している場合などは、零時を過ぎても締めの時刻までは旧税率の8%を適用して処理しても差し支えないことになります。
この場合、レシート等には零時以後の取引記録(時刻)が表示されることとなりますが、販売側、購入側ともに8%での計上処理となります。

10月1日零時を少し過ぎてお買い物等をされる際は、レシート等を見てどちらの税率が適用されているか確認してみてください。消費増税に対する唯一の楽しみになるかもしれません。

posted by 山崎義孝税理士 at 17:30| 消費税についての一言メモ
各種お問い合わせcontact
お電話はこちら
092-584-6018
電話受付(平日)9時〜18時
Fax.092-584-7674
メールフォームはこちら
メールでのお問い合わせ
お申し込みは24時間受け付けております。

ページの
トップへ