法人企業・個人事業主の税務・会計・申告・節税対策

税理士からのメッセージ

2017年02月04日

確定申告の時期になりました

今月2月16日(木)より所得税の確定申告の提出受付が始まります。
(還付申告はすでに1月4日より受付を開始しています)
受付期間と納期限は共に3月15日(水)までで、納付に関しては、
振替納税利用の場合は4月20日(木)が振替日となっています。

事業所得、不動産所得の確定申告が多いなか、近年の不動産価格の高騰により、昨年中に不動産を売却され、譲渡所得の確定申告を行う必要のある方が増えているものと思います。
そのなかで、平成21年及び平成22年に取得した土地等を、昨年の平成28年以降譲渡した場合に、その土地等に係る譲渡所得の金額から1,000万円を控除できる特例があります。
譲渡益が発生する方にはお得な特例ですが、申告の際に特例を受けるための要件及び手続きが必要となります。

まず、要件ですが、
1)平成21、22年中に取得した土地等であること。
2)平成28年以降に(1)の土地等を譲渡すること。
3)親子や夫婦など特別な間柄にある者(生計を一にする親族、内縁関係にある人、特殊な関係のある法人なども含みます)から取得した土地等ではないこと。
4)相続、贈与等により取得した土地等ではないこと。
5)譲渡した土地等について、収用等の特別控除や事業用資産の買換え特例など他の譲渡所得の特例を受けないこと。
が要件となっています。

加えて、譲渡した土地等が平成21年又は平成22年に取得されたものであることを明らかにする書類(登記事項証明書、売買契約書等)等の添付並びにこの特例を受ける旨を記載した確定申告書を提出する手続きが必要となります。

該当する方は、お忘れなく特例の適用手続きをお願いいたします。

posted by 山崎義孝税理士 at 18:00| 確定申告
各種お問い合わせcontact
お電話はこちら
092-584-6018
電話受付(平日)9時〜18時
Fax.092-584-7674
メールフォームはこちら
メールでのお問い合わせ
お申し込みは24時間受け付けております。

ページの
トップへ