法人企業・個人事業主の税務・会計・申告・節税対策

税理士からのメッセージ

2016年12月02日

マイナンバーの導入に伴い、確定申告の際にも記載が必要となりました

今年も残り1ヶ月となりました。
これからの時期は、年末調整及び確定申告が控えているため、個人の税務処理が慌ただしくなってきます。

個人番号(マイナンバー)の導入に伴い、先月ご説明した年末調整時のみならず、平成28年分の確定申告の際にも番号記載が必要となりました。
12桁の個人番号の記載に加え、本人確認書類(個人番号カードもしくは通知カード+運転免許証などの身元確認証)の提示又は写しの添付が必要となっていますが、電子申告(e-Tax)による場合には、上記の本人確認書類を別途送付する必要はありません。
平成28年分所得税の確定申告の受付は、原則来年2月16日からですが、還付申告に関しては来年1月1日から可能となっています。
還付対象の方はお忘れなく還付申告していただきたいと思います。

また、今年分のふるさと納税の納付期限が迫ってきています。
期限は今月末までのため、ふるさと納税を活用予定の方は早めの手続きをお勧めします。

posted by 山崎義孝税理士 at 09:43| マイナンバー
各種お問い合わせcontact
お電話はこちら
092-584-6018
電話受付(平日)9時〜18時
Fax.092-584-7674
メールフォームはこちら
メールでのお問い合わせ
お申し込みは24時間受け付けております。

ページの
トップへ